確かに夢かもしれません。在宅勤務が可能になる、早朝勤務をすることで帰宅時間を早める。
たしか海外ではサマータイムを導入しているところが多く、
早朝の涼しいうちから仕事をして帰宅を早めるというものでしたよね。
新しいスタイルを導入して、それを国全体に浸透させることはとても大変なことです。
今では営業支援のようなIT関連のシステムを導入することが推進されている当たり前の世の中になってきました。
それと同じように、在宅勤務は早朝勤務が当たり前のことになれば、世の中が激変しそうです。
すでに日本にある企業の中でこれらを導入しているところがあるそうです。
その理由のひとつに、夫婦揃って仕事をしているいわゆる共稼ぎ世帯で子供を持つ家庭を考慮してのことなのだとか。
仕事を育児を両立させるために生産性を挙げて労働力の確保を上げるという目的があるようです。
子供が小さいから仕事を続けることが困難である、待機児童が多い地域だから
子供を預けられないという悩みを解消するために、在宅勤務と早朝勤務による時間の調整は
大助かりという家庭も多いのではないでしょうか。
実際にこれらを導入した企業に勤めているとある女性は、
子供が寝静まったあとに仕事用のパソコンを開いて仕事こなすそうです。
世の中全体にこういう環境が「当たり前」として浸透していくといいですね。
ルートセールス型のプロセルマネジメントについて、興味がそそられる情報がありましてすぐにクリックしてみました。
すると営業支援システムのイメージ画像が紹介されていて、手に取るように分かりやすく説明されていました。
例えば顧客情報登録画面とか滞在時間集計表、活動日報登録など。
実際に自分たちで使うときは、自分ひとりの意見で導入するわけにもいかないので、
同じ営業仲間とか他の部署の社員達にもいろいろ話を聞いて、それらを総合して導入するかどうかを決断します。
うちの会社の場合はこれまでもそうだったんですが、まずは使ってみないことには分からないから、
とりあえず良さそうならちょっと試しに使ってみよう、というケースが多いんです。
最初はそれほどいい印象がなかったものでも、実際に使ってみると
「あれ? 想像以上にいいみたいだね」ということもあるのです。
いわゆる食わず嫌いは損をするという感じでしょうか。
見やすくて使いやすい、というのが一番理想のSFA導入かなと、
これはあくまでも私個人の意見なんですが、
見やすいというのは仕事の能率アップに欠かせないポイントだと毎回話しています。
決して老眼が…というわけではないんです。

職場も自宅も大掃除

年の瀬も迫り、そろろそ少しずつ大掃除をしていかなければいけない時期になりました。 12月に入ってすぐ、大掃除と年賀状のことが気になりながらも、なんの根拠もない「だいじょうぶ」という言葉が頭をかすめ、 結局毎年ギリギリにならないと追い込まれない性分は困ったものです。 大掃除に関しては、やはり職場ですと仕事をする場所という緊張感も手伝ってか、毎年結構スムーズに進んでいるかな、と思います。 気になり始めたころから徐々にディスク周辺から片付けていき、あとは職員の共同スペースをみんな手分けして綺麗にしていきます。 それもこれも、ある程度仕事が順調に進めば、の話です。年末に予期せぬバタバタ劇などがあると大掃除は後回しになりますから。 自宅でも、休日ぐらいはゆっくりしたいと思っていても家族がいると年末の休日=大掃除という図式が出来上がっているので、 ゆっくりできるのは掃除が落ち着いた夕方ぐらいでしょうか。 一息ついたといいながらも、週明けの仕事が気になって営業支援システムでチェックしているのですから、 本当の意味でゆっくりできるのは年末年始の連休からになりそうです。 さて、今年の年末年始はどう過ごそうか、と考える前にまずは職場のディスク周りをなんとかしなくては。



営業支援の一つとして、提案書の共有化があります。 これは、同僚や自分が過去に作成した提案書を、長期的に活用する方法です。 自分だけでアイディアを出すのは難しく、他人の考えを見ると意外な視点にきがつくものです。 同僚の提案書を見せてもらって、気になったところをメモするなり 自分のパソコンにストックしておくなり、活用するといいでしょう。 また、同じく、自分がこれまで作成してきた提案書についても、パソコンにストックしておきましょう。 このような作業を繰り返して行くと、自然と自分のパソコンの中に、提案書のフォーマット集なるものが完成します。 新しく提案書を作成するときに活用する他、過去のフォーマット集の中からさらに発展させて内容を更新することもできます。 質のいい提案書が一度完成すれば、ゼロから作るよりも時間短縮でも効率の面でもかなり役立ちます。 ただし、常に自分が成長することを考え、定期的にチェックをして内容を更新するとなおいいです。 また、フォーマット集を保存するファイルについても、普段からきちんとフォルダを整理し、 ファイル名に一定のルールを設けるなどの工夫をしましょう。検索しやすくなり、作成時間をさらに短縮させることにつながります。



買い物をするとき、よく行く店ではポイントカードを作っています。 感覚的には小学校のころの夏休み、早朝ラジオ体操でハンコを貰うような幹事でしょうか。 最後に小さなご褒美がもらえる小さなイベントが子供心にワクワクしたものです。 そんな感覚を大人になった今でも続けているという人は私だけでなく、結構私の周りにもいるんですよね。 お店独特のデザインでナチュラルなものから派手なものまで。 なれるまではどのポイントカードがどのお店のなのか判断するまで時間がかかるんですけど, 最近では電子マネーがだいぶ普及してきましたね。 私もいくつか持っていますが、ポイントカードと電子マネーカードで財布がパンパンという悩みも… 某電子マネーカードでは、体重や血圧のデータを管理できる健康手帳のような機能を導入するのだとか。 私は営業という仕事柄、営業支援システムいわゆるSFAを使っていますが、同じSFAでもそれぞれ機能が違います。 自分の好みというか、仕事をしていく上で一番使い勝手のいいものを選ぶようにしています。 まったく別物ですが電子マネーカードに現金の預け入れ、ポイント機能など買い物に関するものではなく、健康管理に関する機能が搭載されるのは驚きでした。ますますカード類が増えてしまいそうで、嬉しい悲鳴を上げている私です。